<   2012年 01月 ( 3 )   > この月の画像一覧

パリの木曜日

f0238482_23333679.jpg

[PR]
by ochimadoka | 2012-01-12 23:37 | la vie parisienne

白い薔薇とシューベルト

f0238482_6124173.jpg


自分の住む空間に花を添える、ということは私にとって切っても切り離せない一つの習慣になっている。
私の中では花を”飾る”という感覚よりも花を自分の住んでいる空間にに"添える"といった感覚がピッタリくるような気がする。

幸いにパリという街には、あらゆるところに少量の花を無理のない値段で買い求めることのできるところが沢山ある。
マルシェの片隅で売られている庭からそのまま摘まれてきたようなミモザやリラ、スイトピーを大事にしているワイングラスにそっと飾ったり、いろいろな種類や香りのバラだけを扱っているバラ専門店で買い求めた1輪のバラを素焼きのつぼにいけてみたり、はたまたお花のミュージアムのような素敵な空間を持っているお花のブティックで、何か自分にご褒美をあげたいような時に、どうしようもなく幸せな気持ちに興奮しながら思い切って両手に抱えるぐらいの大きな花束を作ってみたり、誰もが気軽に買い求められる値段(一束3€) 前後で売られている街角のお花屋さんで通りがかりに一束ぴぴっとインスピレーションを感じた花束を買ってみたり。。

 f0238482_651128.jpg
f0238482_6442054.jpgf0238482_6491773.jpg


その時の気分やお財布の具合と相談してセレクトしたお花を家に持ち帰るときの幸せな気持ちは、自分のお誕生日に大好きな友達に囲まれて穏やかで幸せな気持ちでシャンパンを飲むときのあの幸せな気分ににているかもしれない。

今回新年第一弾に選んだお花は、アパルトマンの近くで最近発見したブティックで見つけたオフホワイトの薔薇の花束。
こんな白い薔薇は何だかとても凛として背筋がすっと伸びるようなそんな気分にさせられる。
そして何故だかシューベルトが弾きたくなる。特にあの一曲が。

シューベルトが生涯最後のソナタとして書き上げた最高傑作と言われているピアノソナタ 変ロ長調 D.960 遺作。

あまりの美しさと優しさと悲しさ、そして全てを達観したような安らぎの中、暗い死の世界を垣間見る珠玉のこの作品をずーっと長い間、何時の日か年老いておばあちゃんになったときに弾きたいレパートリーのひとつに入れていたけれど、ここはそこまで待たずに譜を読み始めてみようかな。
[PR]
by ochimadoka | 2012-01-04 07:13 | la vie parisienne

Bonne Annee !

f0238482_2113444.jpg



あけましておめでとうございます!

1月とは思えないほどの暖かい太陽の陽射しが差し込むパリの新年2日目、新しく一年を健康に迎えられることに心から感謝をする気持ちいっぱいです。


皆様にとって新しい一年が穏やかで幸せな気持ちに包まれた時間でありますように!

越智まどか
[PR]
by ochimadoka | 2012-01-02 21:15 | la vie parisienne