「ほっ」と。キャンペーン

<   2007年 08月 ( 5 )   > この月の画像一覧

森に響くピアノの音色

f0238482_055433.jpg



今回私が一番たくさんの時間を過ごしたのがピアノが置かれているサロンだ。

ピアノのすぐ横は一面小さな窓がダイヤのように組み合わされた森と海を見渡す窓になっていて、いくつかの小さな窓を開けるとそこから気持ちのいい森林の香りがサロンに流れこんでくる。
このサロンは大きな美しい暖炉がある天井の高い開放的な空間だ。部屋の中なのに、どこか森の中にいるようなそんな自然との一体感が感じられるサロン、ここで沢山の美しい時間を過ごした。

f0238482_7201783.jpg



何より素敵なのが、私がここでピアノを弾き出すと、そのピアノの音が風に乗って森の中に響き渡るということ。弾いている本人は最初その事実に気づくはずもなく、数日してアントワーヌからそれを告げられた時、何とも言えない感動につつまれた。
私の弾くピアノの音が、花や木々の香り、目の前に広がる海、森に差し込む光と混ざり合って森の中で鳴り響くなんて、なんて素敵なことなんだろう!

そのことを知ってからは、妙に神聖な気持ちでピアノに向かうようになった私。
何ていったって、ちょっとしたミスタッチも森中に響き渡るのだから。。!

そういえばこんな出来事もあった。
ある午後、画家のベルトランとランチを食べていると、こんな提案をしてきた。
「まどかが弾くピアノの音色を聞きながら、僕がそこからインスピレーションを受けて森の中で絵を描いていくっていうことやってみないかい?」
「あっそれ、面白い!是非やってみましょう!」

ということでその日の午後は、私がサロンでラヴェルやドビュッシーを弾いているのを聞きながら、紫陽花の咲き乱れる森の一角でベルトランが絵を描く、、なんて素敵なことをした一日もあった。

さらに私を感激させたのは、ピアノの練習の手を休めて森を散歩したり、サロン・ド・テでお茶を飲んでいると、すれ違う人たちから「さっきピアノを弾いていたのは貴方かしら? さっき弾いてらしたシューベルト、とっても美しかったわ。どうもありがとう。」とか「ショパンのワルツを聞きながら、この森の散歩を楽しませてもらったよ!」などと暖かい素敵な言葉をたくさんいただいた。中には「ブルターニュ地方でこういう音楽祭をやっているんだけど、良かったらそこでコンサートをしませんか?」という嬉しい提案をしてくださる方もいた。

これぞ私にとっての理想のコンサート!
壮大な自然の中で、音を聞きながら漂う香りを身体中に吸い込んだり、目の前に広がる神々しいまでの自然の姿を見つめたり、森の中でさえずる小鳥の声や教会の鐘の音がドビュッシーの音楽に伴奏を添えたりと、いろいろな美しいものがインスパイアしあって創り出す、身体全体で音楽を感じられる空間。

そういえば2005年にルカ、そしてジュリアナと3人で長崎のお寺でコンサートをした時に、ルカが会場となっていた本堂の外でフルートを吹き、風にのって聞こえてくる音楽をお寺の中の静謐な空気を感じながらお客様は目を閉じて聞くという素敵なプログラムを組んだことを思い出した。

さて次のコンサートではどんな素敵なことが出来るだろうか。。?
[PR]
by ochimadoka | 2007-08-22 23:55 | la vie parisienne

極上のひととき


f0238482_23514715.jpg


今回ムチエの森に滞在中、この美しい村に住んでいる方達からランチやディナーへのお誘いを何度か受けた。

その一つはこの森と邸宅の当主アントワーヌの家族からの招待だった。
彼らは森から車で10分ほど行ったところ、昔ながらの古いマノワールを購入して自分たちで改装しながら暮らしを楽しんでいる。
森から彼らの家へ向かうまでの光景が息を飲む美しさで、リネン(麻)の青い花が一面に咲き乱れる畑に黄金色の夕日が差し込んで、まるで巨匠の描く一枚の絵の前にたたずんでいるような気分になった。風が吹いてリネンの花たちが一斉にゆらゆらと揺れる姿を見ていると、まるで静かな湖が風に誘われて水面をふるわせているかのような錯覚すら覚える。

そんな景色を通り抜けて到着したアントワーヌの家は、まるで雑誌から抜け出したような素敵なセンスのいい家だった。
家の前に広がるチャーミングな中庭でまずはアペリティフ。ちょうど沈み始めた夕暮れの光がまるでスポットのように美しく私たちを照らしてくれている。

今日は私の他に雑誌「Marie Claire Idee」のジャーナリスト、ヴァニアとフォトグラファー、ルイも招かれていて、良く冷えたミュスカを片手に話題は料理、それぞれの旅物語、日本とフランスの文化の違い、マリークレールの撮影秘話などなど笑いとおしゃべりに溢れた時間を過ごす。そんな私たちのそばでは天使のように可愛い4歳のテオドールと6歳のジョゼフィーヌが、不思議に愛嬌ある顔をした犬達「Soon」そして「Maybe」と一緒にパジャマ姿に素足で庭のイチジクの木の周りをパタパタと駆け回っている。

日もすっかり落ちたところで(22時ごろ)家の中に入ってディナータイム。
フランボワーズ色に塗られたキッチンの中にセットされたテーブルの上には、暖かいキャンドルの光の下、シンプルながらに目に美しいご馳走がならぶ。

パルマの生ハムにメロン、粒マスタードが隠し味のジャガイモのサラダ、フルール・ド・セルとオリーブオイルだけでシンプルにいただくコンコンブル(キュウリ)のサラダ、タイムの香りが素敵にきいているローストチキン、分厚くスライスされた香ばしいパン、そして勿論フロマージュにワインも!

このジャガイモのサラダがとても美味しかった。作り方を聞くと茹でたジャガイモが熱いうちに、オリーブオイルと粒マスタード、バルサミコ、すりおろしたニンニク、塩、黒胡椒、少量の砂糖を隠し味にいれたものをざっくりとあえて出来上がり、といういたって簡単なもの。6人分ということでどっさりと美しいサラダボウルに入れられていたものが、あっという間に皆のお腹に消えていった。

食後にはノルマンディーと言えば、のTarte aux pommes(林檎のタルト)とスパイシーミントティーを暖炉の前でいただきながら夜は更けていくのであった。
[PR]
by ochimadoka | 2007-08-19 23:48 | la vie parisienne

美しい時間

f0238482_8284826.jpg






































そして先週、1ヶ月半ぶりに訪れたムチエの森は、前回とは又ちがった趣で私を迎えてくれた。

6月に咲き誇っていたバラは姿を消して、今庭の主役のごとく咲き誇っているのが色とりどりの紫陽花。
特にテラコッタの壺にこんもりと咲き乱れている白い紫陽花の美しさ、そこに降り注がれる朝の太陽のキラキラとした光の織り成す光景は、見るものをうっとりと立ち止まらせてしまうほどだ。

白い紫陽花の向こうには、これまた6月には咲いていなかったラベンダーが紫色の絨毯のように広がっている。

朝起きて、朝食前にまだ開園前で人っ子一人いない庭園を小鳥のさえずる声を聞きながら散歩したり、大きな暖炉とバルコニーが印象的な森と海に面したサロンに置かれたプレイエルのピアノで、前からいつか弾きたいと思っていたシューベルトの変ロ長調のソナタをさらいはじめたり、そのピアノでショパンのワルツを弾く私の横で可愛らしい子供たちがワルツに合わせて踊り出したり、森の入り口にあるサロン・ド・テでランチを食べた後に、私のために用意されていた目の前に海と森と咲き乱れる紫陽花が広がる部屋のふわふわのベッドでパリではしたことなんかないお昼寝なんかしてみたり、夕食が終わった後、カモミールのハーブティーを片手に庭へ出て、ラベンダーの脇に置かれているお気に入りの木のベンチに座って本を読んだりという極上の時間。

今パリに戻ってきて、ふと「あれは現実のことだったのかしら。。?」と思わず思ってしまうほど非現実的な美しい空間で過ごした数日間だった。
[PR]
by ochimadoka | 2007-08-17 08:27 | la vie parisienne

ムチエの森への招待状 Part 2

f0238482_8215630.jpg






































こうして足を踏み入れたムチエの森は、それはそれは美しい庭園だった。
ノルマンディーの静謐な海を見渡す小高い丘にある総面積12ヘクタールもある森の中には30のテーマに沿ったガーデンが創られている。

ある場所は真っ白いバラや紫陽花、クレマチスが咲き乱れるホワイトガーデンになっていたり、また森の中を歩き進んでいくとそれはそれは見事なフューシャ色のツツジが滝のように咲き零れている。またかぐわしい香りに誘われて進んでいくと、その先にはイングリッシュガーデンスタイルの野草の花々が咲き乱れて緑のトンネルを作り出している場所が待ち受けている。そしてその森の一番高いところにたたずむ美しい邸宅。


そしてそんな森の中をくぐり抜けて夢から覚めた時のような気持ちで入り口に戻ってきた時に出会ったのが、この森の所有者、アントワーヌだった。
彼のひいおじい様が作り上げたこの庭園と邸宅を受け継いだアントワーヌは、すらっとした背の高い静かな空気をたたえた素敵な人で、彼のたたずまいはまるでこの森そのものを象徴しているような印象だ。
ふとしたことから彼との会話をはじめた私は自分が音楽家であること、そしてこの森から大きなインスピレーションを感じることなどを話していると、「本当は一般公開していないのですが、良かったら家の中をお見せしましょうか?」と歩き出すアントワーヌ。
夢の様なお誘いにびっくりしながらも母と一緒に彼の後をついていく。

そして咲き乱れる白いバラがからみあっている向こうにある扉が開かれた。

そこには思わず声を出してしまうほどの素晴らしく美しい空間が広がっていた。
何よりも目を惹きつけるのが、15m以上天井が吹き抜けている大きなサロン。一面ガラス張りになった大きな窓の向こうには緑深い森と海が見渡せ、その大きな窓の前にはポツンとプレイエルのグランドピアノが置かれている。
「このサロンには多くの芸術家が集まっていたんですよ。ほら、あそこの窓の前にあるソファにはジャン・コクトーがよく座っていたし、このピアノはドビュッシーやプーランクも良く弾いていたものなんです。」とアントワーヌが教えてくれる。

「さあ、どうぞ。お好きなだけピアノを弾いてください。このピアノはあなたが弾いてくれるのを待っています。」と私の背中をそっとピアノの前に押し進めてくれる。

まるで全てここで起こったことを見てきた、「時の証人」のようにたたずむそのピアノに指をのせて弾き始めると、そのプレイエルのピアノはびっくりするほどの美しい響きを持って鳴り始めた。ショパンのワルツが今までにないほど潤った音でそのサロンに響き渡る。

20分ほど夢中になって弾いただろうか?ふと手を止めて顔をあげた私に、サロンの片隅でソファに腰掛けてじっと聞いていたアントワーヌが「どうです、良かったらこの夏ここに何週間でもあなたのいたいだけ時間を過ごしにいらっしゃいませんか?
ここで森を散歩されたり、本を読んだり、ピアノを弾いたり、いろいろ感じたりされてみては?」と素晴らしい提案をしてくれるではないか!

「この家は芸術やその他のスピリチュエルなものとバイヴレーションを受けあうことを必要としています。だから貴方がここへ来てピアノを弾き、何かを感じ、何かを考え、そしてこの家で生きてくださることが、私達にとって、そしてこの場所にとって貴方からの大きな贈り物なのです。全ての偶然は必然から生まれてくるものだと思います。だから貴方がここにいらして、私たちが出会ったのもきっと偶然ではないのでしょうね。」とまでも。。

それが私とこの森との「出会い」だった。
[PR]
by ochimadoka | 2007-08-04 02:47 | la vie parisienne

ムチエの森への招待状 Part 1

f0238482_2384448.jpg







































今日のパリはこれぞヨーロッパの夏、といった素敵な空気と空が広がっている。
太陽は柔らかくさんさんと輝き、そこにそよそよと吹く風、湿気をまったく感じさせないからっと晴れ上がった空、セーヌ川に柔らかく影を落とす緑が茂る木々。

そんなお天気の中先週、数日間ノルマンディーの小さな村にある天国のように美しい庭園と素敵な邸宅を持った”Le Bois des Moutiers "へとヴァカンスに出かけてきた。

そのきっかけはある出会いからはじまった。

この世の中に「人と人との出会い」があるように、「空間との出会い」や「時との出会い」というものが存在するように思う。そしてそんな出会いは偶然に見せかけて、全て起こるべくして起こる「必然の偶然」という言い方がふさわしい出会いなのではないかと思わされることが多々ある。

私がこのLe Bois des Moutiers(ムチエの森)とそんな風に出会ったのは今から2ヶ月前。
日本から遊びに来ていた母を連れて、パリから1泊で出かけられるところを探していた時だった。ふと目にしたあるブログで話題になっていた、その方曰くの「世にも美しい庭園」に心を惹かれた私は11年のパリ生活の中でも耳にしたことのなかったその庭園に行くべく、 Varengeville-sur-merというノルマンディーの海沿いにある小さな村への旅を決めた。

Part 2へ続く。。
[PR]
by ochimadoka | 2007-08-03 02:35 | la vie parisienne