カテゴリ:Gourmet( 2 )

パリでトスカーナを食す!

f0238482_047972.jpg


f0238482_051930.jpg
コンサートが近づいてきてぎゅーっとそこに気持ちが集中していくあたり、
何よりの楽しみは練習が終わった後の美味しいワインとお食事

最近はまっているアペリティフはミュール(黒イチゴ)のリキュールを赤ワイン(おすすめはコート・デュ・ローヌあたり)に加えたもの。

私の愛用しているのはこちらの野生の黒イチゴのクリームリキュール。

通常は白ワインにカシスリキュールを加えるキール、もしくはシャンパンに加えてキールロワイヤルと楽しむことが多いけれど、この赤ワインとミュールのマリアージュはふんわりと香るブラックベリーの香りと甘みが、赤ワインのこっくり、ほっこりしたコクと混ざり合ってなかなかの美味なのだ。

秋、冬とすこし肌寒くなってくる季節には、こんな柔らかい甘さのアペリティフがしっくりとくる。




こんなアペリティフでちょっとリラックスできた後は気軽に尚且つパッパと作れる美味しいものを!ということで
よく作るのがこんな感じのパスタ。

f0238482_23481473.jpg


この日はトスカーナから持ち帰ったピチといわれるうどんのように幅太いコシのしっかりしたパスタを使用して、これまたトスカーナのフレッシュな絞りたてオイルをベースにニンニクと黒オリーブ、サーディンとイタリアンパセリを存分に使って出来上がり。テーマは”トスカーナを食す!”
最後にはフライパンで軽く炒った黄金色のパン粉をふりかけると、アクセントになって最高に美味しい!

ちなみにこのトスカーナのオリーブオイルはとにかくオイルとは思えないほどのまろやかさで、まるでオリーブのグリーンソースを思わせるコクと香りの高さ。

実はこのオイル、Novelloとよばれる早摘みオリーブをジュースのように搾ったシーズン最初の新物ノンフィルター・オリーブオイルで、毎年収穫時11月にはパリからトスカーナのおなじみのオリーブ農園まで10リットル近くを買いにつけ行っている。

パリ発の格安航空券をうまく利用すると往復1万円以内でパリーフィレンツェを往復できてしまうので、とっても気軽にいろいろな国へいけてしまうのも陸続きのヨーロッパの魅力。

青々としたフレッシュな美味しさが楽しめる1年に1度だけの特別なオイルをあちこちのオリーブ農園で買い付けながら、秋の美しいトスカーナを車でゆっくり旅するひとときは極上の時間で、毎年わくわくとこの時期を待ちわびている。
定宿になっているオリーブ畑のてっぺんにひっそりと佇むアグリツーリズモのオーナー家族も、すっかり家族のようなお付き合いになっていて、私の心の中でのとても大切な場所になっている。

トスカーナのオリーブ畑や葡萄畑が連なる素晴らしい風景を一面に見渡すことのできるこのテラスで、地元のマルシェで買い求めたフレッシュな食材、目の前に広がるオリーブ畑の絞りたてのオリーブオイル、地元産の赤ワイン、オリーブの木々をくべた暖炉の前で過ごす最高に贅沢な時間。

このトスカーナ・オリーブオイルをめぐる旅についてはまたいつかゆっくりと。。
[PR]
by ochimadoka | 2012-10-20 00:56 | Gourmet

お気に入りのオリーブ


f0238482_22375829.jpg

最近日曜日のバスチーユのマルシェで頻繁に買い求めるフレッシュなグリーンオリーブ。

お気に入りはイタリア・シチリア産の果肉たっぷりのビッグサイズのオリーブと南フランス産の少しこぶりのジューシーなオリーブ。このグリーンの色が本当に美しくて、ブルターニュで買い求めたミルク色をしたボウルにいれると、それはそれは目にも美しい組み合わせ!

だんだん日が長くなってきて、今では夜20時半ごろまで明るかったりするこの季節、良く冷やしたアルザスの素晴らしい白ワイン・ゲヴェルツトラミネールと共に味わうと最高にシンプルな極上のアペリティフタイムだ。

しかし!オリーブを目の前にして気を許せないのが我が猫Titus.
最近知った情報によるとオリーブは猫の大好物らしく、はたまたアフロディジアック(媚薬)効果があるというのだ!
確かにオリーブがテーブルに並んでるときには、ものすごい集中力で何時”その機会”が訪れてもいいように、テーブルの向こうからじっと見つめ無言の圧力をかけてくる。

f0238482_22382718.jpg

特にキッチンにワインのお代わりをとりに行く私の不在を利用してオリーブに近づくTitusを発見して以来は ”だるまさんが転んだ”ゲームの状態で (分かりますか?)、席を離れるときは視線を片時もはずさず気が許せない状態が続いている。

アフロディジアック状態になった猫を見たことがないので、どんな風になるのか見たい気もするが。。

とそんなスリルを味わいながら(?)のアペリティフタイムだが、テラスから見渡す空が、昼間の光からだんだんと美しい蒼色の夜空に移り変わっていくその自然のスペクタクルを見つめながら ”今日も一日良く頑張ったね”と自分を甘やかすその瞬間、、、心がゆったりと幸せな気持ちに満たされるこんな時間はかけがえのない贅沢なひとときだ。
[PR]
by ochimadoka | 2010-05-01 20:38 | Gourmet